2007年06月11日

そもそもバセドウと診断されたのは

前にも書きましたが、最初のバセドウの診断は、手が振るえるのを見て、母に「甲状腺じゃない? 内科に行きなさい」と宣言され病院へ行き、「はい、バセドウです」とすんなりと確定しました。でも、10代の頃で(あまりに遠い昔の話で(笑))、どんな検査をしたのか、実はあんまり記憶にありません。血液検査だけだった気もするけど。
で、アレルギーの治療のついで、という感じで、お気楽に、しばらく治療をして、そのままになってました。引っ越したりしているうちに、うやむやに…(オソロシイ!)。

さて、それから十数年。
一昨年の2005年の夏、なぜか「結婚しよう!」というお兄さんがいたので、忙しくなる前に病院に行って、新居の近くの病院を紹介してもらおう、と(バセドウのことはすっかり忘れて)安定している膠原病の方の検査に、久しぶりに病院に行ってみると、ははは、甲状腺もいろんな抗体も、スクリーンに赤い表示が並んでおりました(笑)

というわけで、膠原病の先生が血液検査の結果を見ながら「どうみてもバセドウに見えるんだけど(笑)、僕が勝手に投薬をはじめたら、確定の検査がよくわからなくなるから、内分泌代謝の先生に診てもらってね」と回されて、バセドウかどうかの確定の検査がはじまったのでした。

ちなみに、「結婚しよう!」のお兄さんの一件はわたしにとっては非常に非常にストレスで、結局「結婚しないことにしよう!」という一点だけは仲よく合意し、無事にストレスから脱したのでした(笑)ほんとにそれだけで値が安定したのが笑えます。
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの検査と診断
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。