2007年06月16日

バセドウの治療方針を決めたゾ

結局、今回も投薬をしてみようという結論になったのですが、そのために、主治医がバセドウの治療について、とっても細かく説明してくれました。
とっても細かかったので(笑)、それぞれについて、改めて書いてみようと思いますが、ともかく甲状腺機能亢進症の治療には3大治療法と言って、大きく分けると、

(1)投薬(内服療法)・・・抗甲状腺薬を飲んで、甲状腺の値を下げます
(2)アイソトープ治療(RI療法)・・・放射性物質を含んだヨードを服用して、そのヨードが甲状腺に集まることで、甲状腺を破壊して、甲状腺機能を下げます
(3)手術(外科療法)・・・物理的に、甲状腺の一部または全部を切って、量を減らします

の3つがあって、それぞれ、メリットとデメリットがあります。

まず投薬は、手術の痕(キズ)が残りませんし、すぐに始められます。アイソトープのような放射能の心配もありません。でも、通院がつづき、それが、いつまでつづくかは…誰にもわかりません。

アイソトープは、放射性物質を使うので、1週間くらいは人との接触を避けるし、だいたい半年くらいは避妊が必要だそうです。甲状腺を破壊してしまうので、年をとってからホルモンの分泌が下がると、甲状腺機能低下症になって、補助する薬を飲むことになるようです。甲状腺のことなんてすっかり忘れて、甲状腺機能低下症の症状を更年期のウツと間違えたり、疲れているのかも、と気がつかなかったりということもあるから、気をつけないといけない、と先生はおっしゃってました。
だから、処置後も、ときどき(できれば1年に1回くらいは)甲状腺の値を確認しに、通院するのがいいんだよ、と言われました。それでも、投薬の通院よりはずっと負担が少ないし、まずは手っ取り早いし、コストは意外とコンパクトという説も。アメリカでは大半がこの治療だそうです。

手術は、というと、やっぱりキズが残ることと、バセドウに精通した専門医でないと、どれくらい残すかとか、キズが残りにくい手術の仕方をするとか、意外と難しいそうです。でも腫瘍があると、この選択肢を勧められることが多いし、甲状腺が大きくなっている場合は、早くカラダの負担を減らすというために、手術を選択する場合もあるとか。
アイソトープ同様、急に亢進症から低下症になるから、カラダはびっくりするので、手術後も観察が大切ですよ、と聞きました。

で、わたしは、というと、「長男の嫁」になる予定がその頃はあったので(その後、なくなったのですが(笑))、アイソトープはなし、手術するにせよ甲状腺の値が高いままではできないので、まずは投薬をしてみようかということになりました。
投薬がつづくとして、結婚してから薬を変えずにいくために、妊娠や授乳にも影響が少ない、プロパジールという薬が選択されました。

目の症状や頻脈がある場合は、その治療も平行してするようですが、わたしの場合は、「まあ、いいかな」ということで保留になりました。

それぞれの治療について聞いた、長いお話は、また改めて。
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの治療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45049872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。