2007年07月07日

腎臓は、念のためのおまけ程度に

腎臓も、一応、検査の対象です…。
腎臓と言えば、尿の蛋白とか赤血球とか白血球を見るそうです。

そういえば、膠原病の診察のときは、尿の検査があるけれど、最近は内分泌の診察ばかりで、尿は取ってないかも。 って、待てよ、次の超音波の検査では、飲まず食わずで行って、しかも尿検査があって、そして、エコーで、診察のはしご!? 厳しいなぁ。取れるかな…。

腎臓は、腰のやや上、背中寄りにありますが、腎臓の病気では自覚症状がほとんどないらしいので、腰が抜けそうに痛かった、とか、お腹が痛い、というところとは関係しないんじゃないかな、まあ、せっかく腹部エコーをするなら、一緒にみておきますか、という程度です。ほっ。

たとえば、慢性腎不全という場合、だるい・食欲がないという症状が出ますが、それは思い当たらない…。でも、鼻炎で手近な薬を飲み続けたり、もろもろの薬を飲んでいるし、疲れがたまりつづけていることは間違いないし、寝不足、暴飲暴食はよくあることで、なっても不思議じゃない要素はいろいろと。

腎臓といえば、友だちが同じ病院に人工透析で通ってます。海外を飛び回っていた人ですが、週に3回の透析が必要で、海外でやろうと思うと、だいたい3ヶ月前から予約をしないと難しいのだとか。海外に逃避行はむり…と泣いてました(笑) いったん病気になると、なかなか治らないのが腎臓。大事にしてあげないと…。

でも、よくわからないから、焼き肉でマメでも食べてこようかな。
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | 原因のわからない症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46998285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。