2007年06月04日

どうやってバセドウってわかった?

バセドウ友だち(?)と話していて、どうやってバセドウってわかったの?と盛り上がりました。バセドウの症状があっても、なかなか「これはバセドウだ!」とわかるのに時間がかかることが多いんですよね。

動悸・頻脈がするからって、循環器の病院に行って、原因がわからないで、運動していた人。
急に痩せて情緒不安定にもなったので、心療内科に行って、安定剤を飲んでいた人。
疲れるから内科にいった人。
手が震えるから、神経内科に行った人。
目が出てきたから、眼科に行った人。
喉が腫れて、微熱が引かなくて、内科に行った人。
汗かきで、なんだろうと思いながら、何年も病院にいかなかった人。
健康診断で、コレステロールが異常に低くて、あれ、と思いながら、低いのはいいことと放置していた人。

意外に、バセドウって診断してもらうまで、時間がかかっていたり。
薬をちゃんと飲んで(これが難しいけど!)、値が安定していれば、日常生活も妊娠も問題ないけど、バセドウってわからないと…ねぇ。早く気づいたら、早く安定できるから。

わたし? 手が震えるなぁと何となく言っていたら、母が「甲状腺じゃない? 内科に行きなさい」と宣言したので、内科に行って血液検査をして、「はい、バセドウです」とすんなり診断されました(笑)あとから、「何でわかったの?」と母に聞いたら「あれ、なんでわかったんだろう」と笑ってましたが。テレビか何かかな。

薬で安定するようになって、しみじみ思うのは、「生きるのはこんなにラクだったか」(笑)ということ。歩くにも疲れたり、人と話しても意味もなく苛立って「わたしってやなヤツ?」とへこんだり、そんなことで何年も過ごすのは、ほんとにもったいない…。

内科や内分泌・代謝内科で、「甲状腺機能亢進症じゃないかと言われたんですけど」(って言われてなくても)言ってみて、バセドウでなければよし、バセドウなら薬を飲んでみる、というのがやっぱり、すっきりしていいなぁと思います。しみじみと。
posted by プロパジール | Comment(1) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

2007年06月05日

え、バセドウって骨粗鬆症になるの?

知らんかった…。
甲状腺機能亢進症の場合、カルシウムがどんどん出て行ったり、吸収がヘタになったり、使うために必要なビタミンDが元気なくなったりで、骨粗鬆症になりやすいんだそうです!!

バセドウの治療が進んで、甲状腺機能自体が落ち着いても、出て行ったカルシウムが勝手に戻るワケじゃないから、気がつかないうちに、骨粗鬆症になっていることが多いのだとか。そんなぁ(泣)

よくわからないので、とりあえずヨーグルトを買ってきました(笑)
わたしの場合、膠原病の診断でリウマチ検査のために、ときどき手のレントゲンを撮られていて、「きれいな手(の骨)ですねぇ」と言われているから、だいじょうぶだと信じたいけども。
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

2007年06月08日

バセドウ眼病の一種だったのね

バセドウというと、小さい頃に見た図鑑の、目を見開いたおじさんの絵がビビッドに思い出されて、目が西川きよしみたいになるんだぁと漠然と思っていましたが、バセドウになってみると、わたしの場合は普通の人が見てもわかりません。

バセドウ眼病というと、眼球突出といって、目玉自体が前に出てくる!と思われてますが、まぶたが腫れたり、上の方にひっぱられたり、目を動かす筋肉が炎症をおこしたり、それによってものがぶれて二重になって見えたりということもあって、そういったことも含めて、バセドウ眼病というそうです。

こういう症状は早く治療をはじめるのがコツだとか。バセドウの治療とあわせて、治療ができるといいんですね。

ちなみに、わたしの場合、疲れてくると、突然、結膜炎のオバケみたいなことになって、目の裏の赤いところがはみだして、目の見えるところにまではみ出してくることがけっこうあって、結膜炎の目薬で抑えてたんですが、もしかして、バセドウと関係あったんだぁ、ということが最近判明。言われてみれば、バセドウの値が落ち着いてきて、最近は、多少疲れても、そんなひどい結膜炎になることはなくなったのです。なるほどぉ。治まってみてわかる、バセドウの症状…(笑)
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

2007年06月18日

バセドウなら涼しくしてくださいネ!

甲状腺機能亢進症というのは、けっきょく燃費が悪くて、普通にしてても、カラダのなかの状態としてはすごく活動しているのと同じくらい消耗しているので、お腹もすくし、疲れるし、燃焼系なんです。めらめら〜。

甲状腺の値が落ち着いてみて、あ、1階から2階まで階段でゆっくりあがったからって、息はきれないものなんだ…へ〜!と、気がつきました。ぜーぜー息がきれたり、ちょっと動くと疲れたり、長年、当たり前だったので、年かなぁ、運動不足だわぁと思ってましたが、そうでもなかったみたいです。「そういうときに、無理・無茶しちゃ、ダメですよ。心臓に負担をかけて、心不全でも起こしたら、つまらないでしょ」と主治医に言われました。
かといって、値が落ち着いたら、普通に暮らして、ちゃんと運動して健康に暮らしたらいいんだよ、と言われました。「むしろ、ちゃんと運動した方がいい!」とダイエット中の主治医に言われてます(笑)(食事の指導中の糖尿病患者さんに「先生、太った?」と聞かれて、ショックを受けたらしい…。)

亢進していると、消耗するから気分もダウン↓系になったり、燃焼系だからツマラナイことでカッカしたり、「ヘンなことを考えちゃったり(?)」しがちなんですが、熱くならずに穏やか〜に暮らすのがいいそうです。ちゃんと休むこと。つらいことは「つらい」と認識すること。

もうひとつ、先生に言われたのは、「とりあえず涼しく暮らすといいですよ」ということでした。微熱が出ている状態だったり、だいたい熱くなりがちなバセドウ。6・7・8月に悪化する人が多いみたいです。暑いとよけい反応するんでしょうか…。たしかに暑い時期にはなんだかナマコのように、どっかに転がってたくなったものでした……。
でも、これが意外と難しくて、わたしはバセドウと一緒に、膠原病もあって、冷えると冷えすぎてしまうレイノー現象というのがあります。こちらは「暖かくしてね」と言われて、冬場は家の中でも手袋をしたりするんです。 どっちやねん!(笑)
とりあえず、「まあ、これくらいガマンできるかな」というのを、ちょっと待って!と考えることにするというだけで、わたしの場合はずいぶん改善しました。ムリしないって、なかなか大事な習慣です(笑)

そうそう、ヨードが多い食事だと、薬が効きにくいという先生もいますが、最近はあんまり言われないらしいです。毎日、昆布を刻んで、ひじきを食べる!というのはどうかと思うけど、日本でヨード制限食はかなり苦しいから、ストレスになるでしょ?と言われました。正解!ほんとに、普通にご飯を食べられるのが何よりです!
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

2007年06月21日

しおれてきた

今日も快晴!
昨日、会った人が、雨が降らないと島の人が最初に困るんだよと話していました。大島の椿(つばき油愛用してます♪)とか小豆島のオリーブや三宅島のあした葉がたいへんだったと言ってました。
植物がしおれているから、わたしも暑さで少しくらい萎れててもいいかな(笑)今朝も起きるのつらかった…。(タグふれのやりすぎって話もあるけど(笑))
タグ:バセドウ
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

2007年06月23日

タグふれの副作用は頻脈♪

しばらく落ち着いていたのに、今日は頻脈…。じぃっと座っていて112。ははは。
原因は、もちろん夜更かしです(笑)タグふれはキケンです。
ご利用は、用量・用法を守って正しく。
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

2007年06月30日

バセドウ・キャラ 性格と病気?

甲状腺ホルモンというのは、成長ホルモンで、ストレスに対抗してガンバル!機能を支えるものです。言ってみれば、「やる気のホルモン」。だから、このホルモンがたくさん分泌されている、バセドウ病の初期は、すごく元気に見えたり、性格が急に積極的になったり、せっかちになったり、必要以上にテキパキして、がんがん働き続けてしまうということがあるようです。ああ、思い当たる…。

疲れているのに、テンションが高くて、がんばってしまう。うまく断れない。あたりたくなる。ふと、突然、ふさぎ込んでしまう。それで、仕事を抱え込んで、そのストレスでさらに亢進するなんて悪循環も、ああ、ありがち…。

上司には、バセドウのことや持病のことなど、説明して、ご自身もそれなりに勉強してくださったいましたが、一昨年の春、「たったか先回りして考えていって、一見、頭がよさそうなんだけど、空転しているよねぇ」と言われて、トイレで泣きましたとも、ええ。今おもうと、上司も振り回されていたんだろうな、かわいそう、と思いますけど、そんなことを想像する余裕もなく…。

考えてみると、こういうのって、人間関係がかなりつらくなることってあるんだと思います…。そういうときは、何も考えず、何もせず、まずはゆっくり身体を休めるに限ります!仕事に穴をあけられない、戻ったときにいぢられる。いいんですって。ははは。多少の軋轢はあるかもしれないけど、それで世界はひっくり返りません。それでいいのだ〜♪ それでいいのだ〜♪(これがわかる人はきっと30才以上(笑))
元気になる方がずっといい! 周りにも喜ばれるハズ!!
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

2007年07月07日

バセドウで汗だくになっても、浴衣でいくのだ!

今日は、七夕♪
実家の近くでは古い神社があって、七夕には縁日も出ていたけれど、最近は七夕きぶんもなんだか薄くて…。ちょっとつまらない。汗だくになっても、浴衣をきて、からん、ころん♪ と出かけて、かき氷とか葛餅をいただく…。あぁ、風情。

バセドウのせいで、ちょっとしっかりした生地の浴衣なんか着た日には、ほんとに脱水症状を起こしそうになりますけど、それでも、ね、汗だくでも、粋ってもんですよ。汗の目立たない色で。

ああ、でかけたいわ〜。
タグ:バセドウ
posted by プロパジール | Comment(0) | TrackBack(0) | バセドウの症状と生活

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。